学校紹介|桜林高等学校

HOME >> 学校紹介

学校紹介

校長ごあいさつ

 桜林高等学校は開校以来、生徒と共に挑戦し、成長し続けてきた高校です。
 校訓「自己確立・自他共楽」のもと、自己を磨き、頼りとすることができる自分をつくり、他人を思いやる心と行動力・豊かな人間性を育むことを目指しています。
 教師との結びつきも強く、少人数だからこそできる一人一人に寄り添ったきめ細やかなサポートを受けて、生徒たちは今の自分をよりよく変えるために、自分の持つ可能性に全力で挑戦しています。
 中学生の皆さん。可能性は自らがあきらめない限り、無限に広がっています。限界を決めず自分を鍛え、未来を自らの力で拓いていきませんか。なれる自分より、なりたい自分を目指してみませんか。
 桜林高等学校は皆さんの Challenge&change を全力で応援したいと思っています。

学校法人金剛学園理事長 桜林高等学校校長 石井航太郎

PAGE TOP

教育目標

【校訓】 自己確立 自他共楽

建学の精神

 「少林寺拳法の理念を取り入れた教育により自己確立・自他共楽を図り、日本国及び国際社会に貢献し得る人材の育成」

教育方針

 建学の精神をさらに発展させるために、校訓「自己確立・自他共楽」を定め、次の教育目標のもとに、人生を生き抜く自信と力を兼ね備えた次代を担う有為な人間の教育を図る。

教育目標

  1. 基礎学力の修得
    基礎学力の修得を図るとともに、良き社会人になるための一般的な教養を高める。
  2. 豊かな人間性の確立
    一人ひとりの能力と個性の伸長を図るとともに、自然と文化に親しむ豊かな心を培う。
  3. 健全な心身の育成
    少林寺拳法を体育(武道)に導入することにより、正義感や協調性を養うとともに礼儀を学び、調和のとれた健康で明るい心身の育成を図る。
PAGE TOP

概要

学校名 桜林高等学校
校長 石井航太郎
桜木校舎所在地 千葉県千葉市若葉区桜木北1-17-32 【地図
御殿校舎所在地 千葉県千葉市若葉区御殿町2140-1 【地図
電話番号 043-233-8081
FAX番号 043-233-8085
パソコン版URL http://orin.ed.jp/
スマートフォン版URL http://orin.ed.jp/s/
モバイル版URL http://orin.ed.jp/m/
E-mail mail@orin.ed.jp
設立 平成13年(2001年)
PAGE TOP

沿革

昭和55年 学校法人金剛学園 設立
はしが台幼稚園(成田市)開園
平成元年 金剛学園高等専修学校 開校
商業実務課程商業科 設置
科学技術学園高等学校との技能連携指定を文部大臣より受ける
平成2年 2号館 完成
平成3年 テニスコート 完成
平成5年 太田義平記念体育館 完成
グラウンド 完成
平成6年 工業高等課程電気工事士科 設置
平成7年 実習館(現3号館) 完成
平成8年 太陽光発電所 完成
平成9年 商業実務課程商業科を流通システム科に科名変更
平成11年 新実習館 完成
平成12年 金剛学園高等専修学校を改組し、金剛学園高等学校の設置計画申請
金剛学園高等学校の設置計画を千葉県知事より承認される(6月7日)
明成館(武道館) 完成
実習用農地 取得
平成13年 金剛学園高等学校 開校
定時制(昼間)課程・単位制
平成16年 御殿校舎・御殿グラウンド 取得
平成17年 桜林高等学校へ校名変更
平成18年 全日制課程開設(定時制課程は廃止)
平成29年 4号館(明成館)完成
PAGE TOP

選べる2つのコース

 桜林高校は全日、単位制、普通科の高等学校です。入学時より「特進コース」、「総合コース」の2つのコースに分かれます。皆さんの高校卒業後の進路目標に合わせてコースを選んでください。(2年次からのコース変更が可能です。)


PAGE TOP

特進コース

中堅私大から難関大学現役合格を目指し、3年間で自分の力を確かなものにする。

 志望する大学への進学を果たすために、生徒一人一人の学力に合わせた進路指導ができるのが「特進コース」の特徴です。このコースに携わる専門の教育メンバーで、生徒一人一人について細かな打ち合わせを行っています。集団対応だけでなく、個別対応もしていけるのは、少人数制だからこそできること。定期的に模擬試験を行っていますので、生徒が伸び悩んでいるときは、何が原因なのか分析し、相談し、生徒に合った勉強の仕方を個別に指導していきます。

PAGE TOP

総合コース

たくさんの選択肢から、なりたい自分を見つけ出し、目標を実現するために確かな力を身につける。

 大学進学だけでなく、専門学校や就職を希望する生徒たちにも対応したカリキュラムが組まれているのが「総合コース」の大きな特徴です。それぞれに抱く夢や将来を明確なものにし、一歩ずつ近づいていくための力を身につけることをむねとしています。それぞれの生徒の興味や関心、希望の進路に合わせた履修科目が選択できるため、確かな歩みで目標へと進むことが可能です。

PAGE TOP

年間行事

4月
  1. 前期始業式(5日)
  2. 入学式(8日)
  3. オリエンテーション(9日)
  4. 1年生合宿ホームルーム(9〜10日)
  5. 2・3年生校外研修(10日)
  6. 健康診断(23日)
5月
  1. 生徒総会(7日)
  2. 授業参観(11日)
  3. 進路セミナー(17日)
  4. 前期中間考査(27日〜29日)
  5. 桜林ピック(体育祭、30日)
  6. ごみゼロ運動(31日)
6月
  1. 創立記念日(7日)
  2. 創立30周年記念式典(8日)
  3. 歯科検診(13日)
  4. 三者面談(20日〜26日)
  5. 救命講習会(21日)
  6. 芸術鑑賞会(28日)
7月
  1. 野球大会全校応援(--)
  2. 大掃除(18日)
  3. 幼稚園実習(19日)
  4. 夏季休業(21日〜8月31日)
  5. 夏季特別補講(22日〜26日、29日〜8月2日)
  6. 勉強合宿(24日〜26日)
8月
  1. 夏季休業(7月21日〜8月31日)
  2. 体験入学(1日、24日)
  3. 夏季特別補講(19日〜23日、26日〜30日)
9月
  1. 防災訓練(2日)
  2. 前期期末考査(18日〜20日)
  3. 2年生救命講習(20日)
  4. 前期終業式(30日)
10月
  1. 秋季休業(1日〜3日)
  2. 後期始業式(4日)
  3. 桜林祭(11日:校内祭、12日:一般公開)
  4. 学校説明会(27日)
  5. 実力試験(31日)
11月
  1. 学校説明会(2日、9日、16日、23日、30日)
  2. 生徒会役員選挙(9日)
  3. 2年生オーストラリア研修旅行(15日〜20日)
  4. 1年生上級学校訪問(18日)
12月
  1. 学校説明会(1日)
  2. 後期中間考査(11日〜13日)
  3. 出願受付開始(17日)
  4. 大掃除(20日)
  5. 冬季休業(24日〜1月6日)
  6. 冬季特別補講(24日〜26日)
1月
  1. 冬季休業(12月24日〜1月6日)
  2. 選抜試験A日程/推薦入試(17日)
  3. 勉強合宿(18日〜19日)
  4. 選抜試験B日程/一般入試(23日)
  5. 実用技能英語検定(24日)
2月
  1. 進路セミナー(17日)
  2. 卒業面接(17日〜21日)
  3. 予餞会(28日)
3月
  1. 卒業証書授与式(1日)
  2. 後期期末考査(11日〜13日)
  3. 防災訓練(13日)
  4. 入学説明会(14日)
  5. 後期終業式・大掃除(24日)
  6. 春季休業(25日〜)
PAGE TOP

オーストラリア研修旅行

 2年次の11月にオーストラリアを訪れます。日本では見ることの出来ない風景や文化に直に触れケアンズでは現地高校生との交歓会や温かなホストファミリーにお世話になるホームステイ体験など異文化交流を図り、ウォーターアクティビティなどを通して大自然を満喫します。

1日目
  1. 成田空港からオーストラリアへ出発
2日目
  1. ブリスペン空港到着
  2. ポイントデンジャー
  3. カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ見学
  4. ホームステイ開始
3日目
  1. ホームステイ
4日目
  1. 学校訪問(交歓会)
5日目
  1. ゴールドコースト市内班別研修
  2. さよならパーティ
6日目
  1. 成田空港到着

(研修旅行日程:参考)

PAGE TOP

部活動

 高校での部活動には、今ここでしか味わえない感動があります。
 かけがえのない仲間たちと過ごす高校3年間は、体力と集中力と精神力を培い、人生で最も大切なものをたくさん、育んでくれることでしょう。

【少林寺拳法部】 本校の重点部活動です
 昨年度はインターハイ三冠、三連覇を果たし、今年度も日本一を目指して部員一丸となって精進しています。

【野球部】 本校の重点部活動です
 高校野球激戦区の千葉県でベスト16入りを果たしています。今年はそれ以上の成績を目指し、文武両道の毎日を送っています。

【書道部】 本校の重点部活動です
 国際高校選抜書展(書の甲子園)入賞、全国学生展大賞入賞などをはじめ、数々の展覧会や競書大会においても、優秀な成績をおさめています。

【陸上競技部】
 県大会や関東大会に出場を果たしています。各自の能力に合わせた競技力の向上を目指しています。

【テニス部】
 県大会団体戦3回戦進出を目指し、技を磨き体力を鍛え精神力を養うべく日々努力を重ねています。

【バスケットーボール部】
 「礼儀正しく、明るく元気に」をモットーに毎日、技術・体力の向上を図り、県大会出場を目指します。

【サッカー部】
 県3部リーグ昇格を果たし、県大会にも出場しました。常に明るくさわやかに、最後まであきらめないプレーを心がけています。

【卓球部】
 県大会出場をめざし、日々の練習に励んでいます。仲良く和やかな雰囲気の中で技術を磨いています。

【和太鼓部】
 全国総文祭や全国高校生太鼓甲子園等のコンクールに出場する他、県内の行事や祭りで演奏し、地域に愛されるチームをめざしています。

【ボランティア部】
 校訓の一つである「自他共楽」の実践をめざして活動しています。

  1. 交通安全運動
  2. 環境ボランティア
  3. 障害者コンサート補助
  4. 障害者スポーツ補助
  5. 絵本の読み聞かせ
  6. 防犯ボランティア
  7. 災害義援金募金活動
  8. 千葉県高校生歴史研究発表大会など

【パソコン部】
 「継続は力なり」をスローガンに、上位検定試験取得、大会出場をめざして毎日楽しく練習に励んでいます。

【吹奏楽部】
 文化祭、野球応援や郊外で行われるアンサンブルコンクールに向けて、日々コツコツと技術の向上に取り組んでいます。

【写真部】
 全国総文祭、写真甲子園出場を目指し、日々撮影技術を磨いています。各種コンテストにも参加しています。(掲載写真は生徒の作品です。)

Instagram→https://www.instagram.com/orin_press/

PAGE TOP

制服

  • 男子の服装
    本校指定のブレザー、シャツ、ネクタイ、ズボン、ベルト(革で黒、市販品可)、靴下(白、紺)、靴(黒の指定靴)
  • 女子の服装
    本校指定のブレザー、シャツ、リボン(ネクタイ)、スカート、靴下(紺の指定靴下)、タイツ(黒のみ許可)、靴(茶の指定靴)
PAGE TOP