学習指導

桜林高校の学習指導

目標

本校での学習指導は、単なる詰め込み教育や大学受験指導に偏ったものではありません。進学や就職のために必要だから勉強するという考え方もあるかもしれません。
しかし、それ以上に確かな学力は「人生を生き抜くための自信と力」となります。「良き社会人になるため」に…勉強においても「チャレンジ&チェンジ」を目標としています。

目標

一日のスタートは朝読書から

本校では、毎日「朝読書」を実施しています。語いを増やし、読解力を養うことはすべての教科につながります。
また、全員が静かに読書することにより、落ち着いた気持ちで一日の学習をスタートします。

一日のスタートは朝読書から

電子黒板の導入

わかりやすい授業の展開を目指して、電子黒板機能付きプロジェクターを全教室に導入しました。教材や教具を黒板に投影することで、拡大が容易にでき、授業の説明を画像に直接書き込むことも可能になりました。
資料をはじめ大学入試問題や実際の映像なども投影ができます。この機材の導入により、教師が板書する時間を大幅に削減、生徒と向き合う時間を格段に増やしました。

電子黒板の導入

コース別の充実した授業

授業は、特進コース・総合コースそれぞれの目標に応じた進度・内容でカリキュラムが組まれています。また、シラバス(年間授業計画)に基づいた計画的・効率的な学習を行います。

補講で弱点を克服!模試で実力を知り、さらに力を伸ばす!

夏季・冬季の長期休業時には、それぞれのコースに合わせた特別補講を行います。
 また、一般入試だけでなくAO入試・推薦入試に対応した大学入試対策の補講も行います。特進コースにおいては、長期休業中の勉強合宿や定期考査前の補講も行います。年4回の定期考査のほかに、学力の定点観測として基礎力診断テスト、実力試験を実施しています。
 また、校外で受験すると受験料が高額となる予備校等の模擬試験も、比較的安価で校内団体受験をします。

学習指導を支える特殊教材

1.「電子黒板」を全教室に設置

わかりやすい授業の展開を目指して、電子黒板機能付きプロジェクターを全教室に導入しました。教材や教具を黒板に投影することで、拡大が容易にでき、授業の説明を画像に直接書き込むことも可能になりました。資料をはじめ大学入試問題や実際の映像なども投影ができます。この機材の導入により、教師が板書する時間を大幅に削減、生徒と向き合う時間を格段に増やしました。

2.「Classi」で学びを深め、学びの記録を残す

「Classi」とは、「学校の授業・生徒指導」「生徒の学習」のための、先生・生徒・保護者がつながるICTプラットフォームです。ベネッセのアセスメント結果とも連携することで、生徒ごとの学力に応じた動画や問題での学習が可能になり、生徒が学習に向かう姿勢をサポートします。保護者の皆様も、学校からのお知らせなどを確認することができます。これにより、学校・生徒・保護者間で今まで以上に密接な情報共有ができるようになります。

3.「スタディサプリ」で大学受験対策を強化

テレビCMで話題の「スタディサプリ」。  本校ではリクルート社と提携し、特進コースの3年生はネット動画の授業が学校のPC室だけでなく、自宅でもスマホでも無料で使い放題で受講できます。大学やセンター試験の過去問も無料で閲覧可能です。  放課後には多くの生徒がタブレットPC(貸出)を使って「スタディサプリ」に取り組んでいます。

日課表

通常
8:25~8:35 SHR
8:35~8:45 朝読書
8:50~9:40 1時限
9:50~10:40 2時限
10:50~11:40 3時限
11:50~12:40 4時限
12:40~13:25 昼休み
13:25~14:15 5時限
14:25~15:15 6時限
15:20~15:30 SHR
15:30~ 清掃
特進コース(火・木のみ)
8:25~8:35 SHR
8:35~8:45 朝読書
8:50~9:40 1時限
9:50~10:40 2時限
10:50~11:40 3時限
11:50~12:40 4時限
12:40~13:25 昼休み
13:25~14:15 5時限
14:25~15:15 6時限
15:20~16:10 7時限
16:10~16:20 SHR
16:20~ 清掃
PAGE TOP